次は姫路で

30日に教室と僕の抱き合わせ作品展が終わったら、
次は姫路です。

2日から姫路・ギャラリー麗
姫路市書写175-3  tel 0792-67-5553
にて、「ふだん使いの器&のれん」展
池内潤&谷口あすひ

が始まります。

1日に搬入、展示してきました。

のれんの作品はまだでしたが
とりあえず並べてみました。


e0050634_12171672.jpg



e0050634_12172920.jpg



e0050634_12173912.jpg



e0050634_12175031.jpg




このギャラリーは4,5年ぶり。


もともと喫茶店だった店舗を
1階はギャラリー、2階は設計事務所にしているのですが。

最近いまいちで、ちょっとやすんでいたらしいのです。


久しぶりにお声がかかって、姫路の皆さんに
見てもらうことにしました。

さてさて、うれてくれるかな?
[PR]
# by tyawanya-kobe | 2006-12-02 12:20 | ご挨拶

作品展写真

漸く少し時間が出来たので写真をアップ。

e0050634_0474299.gif



入り口にあるショウウィンドウと、外から見えるガラス窓の中です。
特大片口です。

合成灰釉と満貫の吹き付けです。

中からじっくり見るとこうなります。

e0050634_165475.jpg





中に入ると教室のかたがたの作品が満開で、
片隅にこっそり僕の作品が・・・・・

本当は最後の最後に一窯焚いて、初日に間に合わすつもりで、
搬入の日に窯詰め点火して、出かけて
戻ってきて、朝の6時までかかって、
やっと焚き上げて、安心して睡眠。
9時に宅急便に起こされて、ふと窯を見たら・・・・・

スイッチが入ったまま。

が~~~~~~~ん!

1250度で終わって、多少とも冷めてくれているはずが
なんと1440度。


この時点であきらめました。


仕方なく比較的新作のみで作品を展示。

e0050634_0544859.gif




e0050634_0575866.gif





e0050634_11371.gif




最後に、焼きすぎた悲しい窯から、奇跡的に生き残った
たった3個の器の姿を。


e0050634_18488.jpg




2度と出せない、出したくないこの色が同情を呼んだのか、
すぐに売れてしまいました。


これでちょっと時間が出来たと思いきや、
なんと2日から今度は姫路で作品展。
1日には搬入。
それに向けてまた懲りもせずにロクロを引きます。

何ヶ月かぶりでロクロに本格復帰が出来たうれしさが
疲れを忘れさせてくれます。
[PR]
# by tyawanya-kobe | 2006-11-29 01:09 | ご挨拶

作品展と教室展

一昨日から昨年同様トアロードのトア・ギャラリーにて
僕と教室の作品展の同時開催をしています。

アルバイトと平行しているので
帰ってから画像アップしている時間がありません。

とりあえずお知らせだけ。

木曜日までやっております。
[PR]
# by tyawanya-kobe | 2006-11-27 09:18 | ご挨拶

籾殻灰

釉薬の原料は今は何でも電話1本、クリックひとつ?で手に入ります。

でも、原料の材質を確認できたり釉薬に使えるまでの過程によって
釉薬そのものの性質まで変わりうるので
手に入るものは出来るだけ自分の手で。

というわけで、知り合いの農家の方に
籾殻を分けていただき、
更に自宅は住宅地なので灰にする工程も田んぼをお借りして。

と、ここで画像がほしいところですが。

籾殻を軽トラ1杯田んぼに運び、
山積みにして、何箇所かに点火。

この点火が実はなかなか難しくって。

近くに散らばっていたわらくずに火をつければかんたんだと
言うことに気づいたのは終わる直前。

籾殻の山が大きければ大きいほど、
当然のように一山燃え尽きるまで、時間がかかります。
今回は2日かかりました。

本来はわら灰同様、薫炭にして炭素を残したほうが
反応性はいいはずなのですが
今までの経験上、ポットミルのない我が家では
薫炭を60目のふるいに通して釉薬原料にまで
進めることは不可能。
(わら灰はかんたんに崩れて細かくなってくれます)

なので、白く燃え尽きさせる。
これは実は薫炭を作るより簡単。
燃え尽きればいいのですから。

ちょうど3日目に雨が降り、消火、飛散防止、軽くあく抜きが行われ、
安心して45Lのゴミ袋に詰めて持ち帰れました。

この後、大きなバケツを4個並べて、
1個目のバケツにもらってきた灰と水を入れ、
しっかりかき混ぜた後、
2個目のバケツに25目の篩い通して移していきます。
3個目のバケツには50目。
最後のバケツには60目のふるいを通して、
最終的に沈殿させて素焼きの鉢に布敷いた上にあけて乾燥させます。

ふるいを通すときに少しだけおいておくと砂などは沈殿して
細かい浮遊物だけが水とともに次のバケツに移っていきます。

こうして、4個のバケツがすべて満タンになったら
今回はおしまい。

これまたしばらく置いておく(このしばらくが、具体的にどのくらいの時間かは
原料によって、かなり差があります)
と、ふるいを通った灰が沈殿して、上には茶色い灰汁が浮きます。
これを捨てて、また1番目のバケツに水を足して
攪拌して、篩いリレーで、4個のバケツが満タンになるまで繰り返します。

このようにして、長い日時をかけてあく抜きと精製を同時進行させることで
純度の高い、使いやすい灰が出来るのです。
買えば簡単ですが。
今まで使っていたもみ白釉はそのようにして作っていたのですが、
最近手抜きで市販の籾殻灰使って、調子がガラッと変わってしまったので
今回あわてて昔の作業に戻りました。

個人的には手間を喰うその作業、けっこう好きなのですが。
[PR]
# by tyawanya-kobe | 2006-10-22 13:49 | 陶芸の技法ー釉薬

近況報告

ご無沙汰いたしております。
本家ホームページの更新もまったく怠り
このブログも放置。
怪しげなTBもたまっていました。

ここのところ本業休止中です。

ま、いろいろありまして・・・・・

ネタはいくつかあるのですが、
なぜかデジカメが行方不明。

なので更に更新も滞り・・・・・

また作品展が近づいたら告知させていただきます。
その前に仕事再開しなきゃ。
[PR]
# by tyawanya-kobe | 2006-10-22 12:32 | ご挨拶

窯修理

久しぶりの更新。

昨夜還元焼成の窯詰め済ませて
点火しようとしたら
上段の熱線が通電せず。

断線。

ざっと見ただけでは見つけられない。

今朝、最上段の作品だけ窯から出して、
熱線を再点検。

見つけました。

e0050634_13544052.jpg


e0050634_13552012.jpg


前回窯だしのとき、棚板ぶつけてきったみたいです。

幸い簡単な傷と場所だったので
早速バーナーであぶって


e0050634_13552954.jpg


ラジオペンチで曲げて

ピンで押さえて

e0050634_13554130.jpg

応急処置。

スイッチ入れると
通電してくれました。

問題はこの一連の作業を
ブログねたにすべく
写真に収めたのに
PCに入れたとたん
どこに行ったのか見つけられず
画像無しの記事になってしまったこと。


次回は雪辱を晴らすぞ!



と思ったら画像が見つかったので
とりあえずアップ。

でもなぜか記事に勢い、というか
元気が無いなあ。
[PR]
# by Tyawanya-Kobe | 2006-07-19 13:41 | 陶芸の技法ー窯

ゴス壷再掲載

先日掲載したゴスの壷、
焼きなおして写真取り直しました。

e0050634_15313278.jpg




さらにイッチン壷は

釉薬が溶けてイッチンが見えてきました。

e0050634_1532126.jpg
e0050634_15352026.jpg




色は上の壷は相変わらず黒く見えますが、
下のイッチンの壷と同じような青さです。



因みにこの調合ですが


基本は白い土に透明釉掛けて、ゴスを筆塗り。

以前弟子入りしていた窯では石灰透明釉(3号釉)でしたが
今回は合成土灰と天草陶石主体の釉薬。

そしてゴスですが

(河井寛次郎の調合)

黄土    300
天草陶石 100
コバルト  3.5
鉄      5.0
マンガン  0


(堤窯の調合)

黄土    400
天草陶石 100
コバルト   3.5


(先輩の調合)

黄土    300     300     300
天草陶石 100     100
カオリン                  100
コバルト    4.5     5.0     4.5
鉄                       5.0
マンガン           10.0   10.0



この場合、黄土は一般に入手しやすい地元の赤土、黄土になるので
かなり成分にむらが出ます。

僕の調合は


中国黄土  生  100
      素焼き 100
三石ロー石     50
天草陶石      50
酸化コバルト    10.0
二酸化マンガン   20.0


これを釉薬の上から筆で二重塗りし、

少し乾くと透明釉を薄めた物を筆塗りして

再びゴスを二重塗りして、また釉薬を筆塗りして焼きます。


河井寛次郎の一族で、信楽で活動されておられる方は
筆塗りではなく、釉薬状にして掛けていると伺いました。


 
[PR]
# by Tyawanya-Kobe | 2006-05-30 15:33 | 陶芸の技法ー釉薬

工芸家協会展ー続きー

続きです。


e0050634_15561671.jpg


イラボ釉の端正な壷。

これがまた軽い。

毎度この方の軽さには驚かされます。


e0050634_15573235.jpg


ゴス染付けではなく差込?の皿。

撥水剤を掻き落としてその細いラインに
絵の具を入れて書き上げます。

筆とはまた違った感じで

面白い。


e0050634_15594774.jpg




見込みは白化粧、周囲はもろもろと削ってある上から
コバルトの焼き締め。

釉薬がかかれば真っ青なんでしょうが、
金属っぽい黒さが不思議な感じ。

ただし使って洗う時にスポンジが引っかかりそう。


e0050634_1621283.jpg




備前焼の焼き締めの壷。


変形具合が不安定で面白い。



e0050634_163919.jpg


e0050634_1632145.jpg



練りこみの皿。


どうして造ったのか訊いたら

ストライプの模様のタタラ板を筒状に繋いで
上を閉じていき、逆さにして閉じた部分を底にして、
締め直してから、口を広げていった・・・・・そうです。


工程がかなり複雑。

面白そうだけど僕には無理かな?


e0050634_1663937.jpg




ステンドグラスのボール。


直径40センチ以上あったかな?


ガラス板も曲面に曲げて作ってありました。


暗い部屋にぶら下げたらきれいだったんだろうなあ。


e0050634_1681473.jpg



ガラスの香合。


アメリカで活躍されている作家さんが出品。
[PR]
# by Tyawanya-Kobe | 2006-05-24 16:09 | ご挨拶

三木工芸家協会展

事後報告ですが、三木の堀光美術館で
僕も所属する三木工芸家協会という団体の
21回目の作品展が開催されました。

僕の作品は

e0050634_19262389.jpg


e0050634_19263555.jpg


e0050634_1926487.jpg



壷ばかりです。

ゴスまきにしたのですが焼が甘く、泡を吹いたまま。
時間が無かったので焼きなおせませんでした。

今日の窯に入れて焼きなおす予定。

因みに焼が甘いので青く発色せず、
全体に黒ずんでいます。

電灯の明かりの下では更に黒く見えます。

僕が当番だった時に来られた観客に
壷抱えて外まで連れて行き、
天然光の下で見てもらって、
実は深~い藍色だと理解してもらいました。



他の方の作品。


e0050634_1933771.jpg




磁器の板作りだそうです。

U字型の本体を中心で支える形なので
どうしても外開きに変形しやすく、何体も試行錯誤されたそうです。



e0050634_19352187.jpg



後ろの壁面は皮革での表現。

前はガラスと蒔絵。

e0050634_19361358.jpg



ステンドグラスです。


蒔絵は四方皿と棗。

e0050634_1937614.jpg



棗は自然の木の形と木目を生かした漆塗りで、
僕は非常に欲しかったですがくれませんでした。


e0050634_19383348.jpg



これは穴窯の作品。


不思議なフォルムです。


長方皿は釉薬の重ねがけで天目のような効果。

e0050634_19403230.jpg


e0050634_19405512.jpg




長くなるので一旦これぐらいにします。

後半は改めて。
[PR]
# by Tyawanya-Kobe | 2006-05-23 19:41 | ご挨拶

暮らしを彩る器と工芸展

昨日同業者の女性と
大阪ドームで開催中の

「暮らしを彩る 器と工芸展
  ー華やぎのテーブルウェア・ショー 2006-」
に行ってきました。

初めての大阪ドーム。

e0050634_11334081.jpg



駐車場から会場まで、途中案内もポスターも皆無。

なんか裏口から業者が出入りしている感覚。

中には


e0050634_11353610.jpg



e0050634_1136790.jpg



こんな感じでセッティングの例が。


いまいち実感が湧かないような並べ方ですが
一つ分かったことは
テーブルの上に平面に盛り付けるよりも
立体的に高低つけてやるほうが
面白くなる、ということ。


そのほか、様々な作家さんの作品が盛りだくさん。

見疲れました><

なかでも僕のお目当ては

この人。



八風窯の生中根さんにお会いしてきました。



色々面白い話を立て板に水のようにさらさらっと。


なぜ写真が無いのか?


最初撮っていたらバッテリー切れを起こしてしまい、
大切なところで写真がありません。

詳しくはハプーさんのブログで。

同行したOさんと、来年参戦の積りで会場視察してきました。

・・・・・・・・・・・・・・が

会場に人が少なすぎる。


主宰者がもっと集客に力を入れなくては
出品者は遠方の方が多いので
集客できないのですから。
[PR]
# by Tyawanya-Kobe | 2006-05-23 11:54 | その他