図工の授業

一昨日金曜に子供らが通っている小学校の
6年の図工の授業に
陶芸の指導に行ってきました。

恒例ですが、一応卒業記念ということで
ランプを作ります。

保護者から一転、出入りの業者、という立場ですが。

そこらへんの教材屋には出来ない身内特別サービス。

なんと粘土をスライスしてタタラ板にして用意するのです。

木曜日、昼間に土練機で粘土を用意して
夜、菊練して四角く整えてから
6ミリにスライス。

e0050634_17512815.jpg



一玉約10キロの粘土で大体10~12枚スライス。


ご多聞にもれず少子化が進み、今年の6年生は48名。

約60枚、5塊用意して授業に臨みました。

e0050634_17541112.jpg



結果は、6ミリではちょっと薄かったのか
腰が崩れる子供が続出。

特に上に蓋を乗せて重みが掛かった作品は
大体腰が持たず。

なんとか誤魔化してだましだまし形にする始末。

でも、乾燥で持てばスペシャル調合の腰の強い粘土だから
そのまま焼けるはず。


折角の子供たちの作品だから
何とか仕上げてあげたいです。

乾燥後、各自が下校時にうちまで持ってきます。

作品の姿はその時にアップしましょう。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2006-01-29 18:00 | 陶芸の技法


<< 今日の仕事 父です >>