三木工芸家協会展

事後報告ですが、三木の堀光美術館で
僕も所属する三木工芸家協会という団体の
21回目の作品展が開催されました。

僕の作品は

e0050634_19262389.jpg


e0050634_19263555.jpg


e0050634_1926487.jpg



壷ばかりです。

ゴスまきにしたのですが焼が甘く、泡を吹いたまま。
時間が無かったので焼きなおせませんでした。

今日の窯に入れて焼きなおす予定。

因みに焼が甘いので青く発色せず、
全体に黒ずんでいます。

電灯の明かりの下では更に黒く見えます。

僕が当番だった時に来られた観客に
壷抱えて外まで連れて行き、
天然光の下で見てもらって、
実は深~い藍色だと理解してもらいました。



他の方の作品。


e0050634_1933771.jpg




磁器の板作りだそうです。

U字型の本体を中心で支える形なので
どうしても外開きに変形しやすく、何体も試行錯誤されたそうです。



e0050634_19352187.jpg



後ろの壁面は皮革での表現。

前はガラスと蒔絵。

e0050634_19361358.jpg



ステンドグラスです。


蒔絵は四方皿と棗。

e0050634_1937614.jpg



棗は自然の木の形と木目を生かした漆塗りで、
僕は非常に欲しかったですがくれませんでした。


e0050634_19383348.jpg



これは穴窯の作品。


不思議なフォルムです。


長方皿は釉薬の重ねがけで天目のような効果。

e0050634_19403230.jpg


e0050634_19405512.jpg




長くなるので一旦これぐらいにします。

後半は改めて。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2006-05-23 19:41 | ご挨拶


<< 工芸家協会展ー続きー 暮らしを彩る器と工芸展 >>