カテゴリ:陶芸の技法ー絵付け( 9 )

絵の具のテスト

e0050634_14425045.jpg

今日は教室もギャラリーも休み。

絵の具の調合のテストしてます。

黄色の顔料とコバルト混ぜて緑の顔料。

陶試紅とコバルト混ぜて紫の顔料の調合のテストです。

のどかな静かな午後にたんたんと乳鉢混ぜていると





眠くなって来ます。

焼けたらまた掲載します。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2006-02-27 14:42 | 陶芸の技法ー絵付け

字を書いた壷が

焼きあがりました。




ファッションショーです。










e0050634_11555629.gif

[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2006-02-03 11:56 | 陶芸の技法ー絵付け

書家の字

先日作った壷に注文主の美鈴さんが書を。




またまたgifアニメでぱらぱら漫画を。




e0050634_2344876.gif






e0050634_23442228.gif






さすがプロ。
うまいモンですなあ。


自分が作った壷ながら焼き上がりが楽しみです。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2006-01-30 23:48 | 陶芸の技法ー絵付け

こんなん焼けました

先日の書家小阪先生の作品が焼きあがりました。

e0050634_18374595.jpg


「集う」という字です。

程好く鉄がにじみ、いい感じに焼けました。

e0050634_18394155.jpg


御本手の化粧も派手にならず、
希望通り地味に出てくれました。
鉄で書いた字も狙い通り。



e0050634_18485145.jpg


どんぶりの内側は
御本手の化粧の上にゴスで字を。

回りの線は鉄で。

ちょっとゴスが濃すぎたかな?

外は

e0050634_185133.jpg


化粧無しの素地に撥水剤で文字を。
釉薬は辰砂。

ところどころ酸化して緑に上がり、
一つとして同じ上がりなし。



追記

これらの作品は小阪先生の自宅ギャラリー『小鈴房』での書作展
『小鈴房展 vol.4ー日々』(11月3日~6日)

サロン ド あいり(神戸・三宮) での 小坂美鈴書展 『酔』
(12月1日~30日)で出品される模様。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-10-30 18:52 | 陶芸の技法ー絵付け

別の書家が・・・・

今日は、以前4人展でご一緒した小阪美鈴先生

特注の器に字を書きに。

e0050634_253980.jpg


個展が間近ということで、余り選択肢がなく、
小うるさい注文を跳ね除けつつ、何とか誠心誠意の素地に

e0050634_29268.jpg


鉄で字を書いて土灰釉。
にじむかもなあ。

面白い字です。

「集う」という字。

e0050634_2111022.jpg


荒い赤土に御本手の白化粧掛けた長方皿に鉄で。

e0050634_2131697.jpg


西日がさす中でどんぶりに撥水剤で。

このどんぶりは中が御本手の白化粧の上にゴスで字を書き、
土灰釉。

外は撥水剤で字を書いて辰砂釉。

どのように上がるのか。
今窯を詰め終わって点火してきました。

また、窯から出たらアップします。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-10-28 02:15 | 陶芸の技法ー絵付け

字が出た!

先日の山本青杏先生の作品が一部焼きあがってきました。

更にその一部をご紹介。

e0050634_1375673.jpg


五斗蒔土ベースの赤土にワラ灰の白萩釉の輪花鉢

e0050634_1442450.jpg


信楽の精土の赤土に平津長石(スタンパー)単味の志野釉の水滴。

e0050634_1491430.jpg


信楽の精土の黄御影土に糠白釉の花器。(面取り壷)

以前くろべーさんが鉄粉が出すぎると言っていたのと
同様の症状が。
以前の土とかなり違っていました。

発色はそれなりに面白いけど、字が少し見にくい。


e0050634_1541633.jpg



五斗蒔土ベースの赤土にジルコニウム白釉の、面取り花器。

字ははっきり出ましたが、ピンホールと釉薬の流れが気になります。

e0050634_1565910.jpg


五斗蒔土ベースの赤土に糠白釉の尺皿。

他にもいろいろありますが、後は青杏先生の個展会場で。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-10-28 01:58 | 陶芸の技法ー絵付け

夜の訪問者ー絵付け編

先日の二十歳のお嬢さんが今度は絵付けに登場。

今回は昼に来ました。















残念ながら画像はありません。
くろべーさん、ごめんね。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-10-23 10:12 | 陶芸の技法ー絵付け

書家来窯

すっかり更新が滞ってしまって・・・・・

17日18日両日に、大阪から書家の山本青杏先生が
僕の器に字を書きに見えました。

e0050634_9142767.jpg


これ以外にも数点。

書きました。



書きました。


さすがプロ。

e0050634_9171749.jpg


以前アップした面取りの壷です。

手元をアップすると

e0050634_9232748.jpg



他に

e0050634_1031852.jpg


面取りが好きな先生です。

すべて撥水剤で書きました。


実はここ数日、例の面取りの壷以外、出来ていなかったので、
木曜日に土練機で土作り、金、土の二日で製作、乾燥、
日曜日に削りながら乾燥させて素焼きの窯に詰めて焚き上げ。

月曜日からの本番となってしまいました。

何とか先生が到着前に窯出しをして用意を整えましたが、
大物が多かったのと、面取り用に肉厚に作ってあるので
乾燥がなかなか進まず、窯の火を入れながらの作り、削りとなり、
大変でした。

やはりご利用は計画的に、ですね。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-10-23 10:10 | 陶芸の技法ー絵付け

絵付け教室

以前の記事を誤って削除してしまいました。

コメントいただいた皆様には失礼いたします。
本文だけコピーがあったので再現、編集しました。








本日服部先生による絵付け教室が開催されました。

e0050634_2348533.jpg



最初にデモンストレーションを兼ねて
庭で摘んできた花をモデルに絵付け。

参加者15名、熱心に聞き入っています。
筆先に見惚れています。
e0050634_23503560.jpg




e0050634_1593281.jpg


e0050634_202786.jpg

e0050634_211088.jpg
e0050634_214945.jpg
e0050634_221666.jpg

e0050634_23342.jpg

e0050634_232978.jpg

e0050634_235377.jpg

e0050634_242138.jpg






こんなにまじめな教室、初めてみました。
静か過ぎて僕が落ち着きません。
あ、例の二十歳のかわいい助手君も。

僕も今回はチャレンジするつもりでしたが、
雑用が忙しく、残念ながら・・・・・

次はそれぞれがチャレンジ。
お手本を見て書くのではなく、モデルをよくみて
その特徴を現すように書いていきます。

e0050634_264028.jpg

e0050634_274063.jpg

e0050634_282795.jpg
e0050634_294856.jpg

e0050634_2103861.jpg

e0050634_2114694.jpg
e0050634_2123195.jpg

e0050634_2131556.jpg


焼き上がりが楽しみです。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-10-03 02:14 | 陶芸の技法ー絵付け