カテゴリ:陶芸の技法( 5 )

昨夜のお仕事

昨日の土曜日は素焼きの窯詰めしながら
一日中教室。
その間に土を練って6ミリ、7ミリ、9ミリにそれぞれスライス。
教室も終り、夕食後した仕事。


e0050634_1003546.jpg


型押しはロクロと違って余り腰には負担をかけませんが
石膏型使うから手が荒れます。

そして何より場所とります。

で、教室の無い日か今回のように夜。


深夜3時までかかって、こんだけ作りました。


↓の素焼き化粧の調合がうまくいけば
はがれずたれず、大成功。

のはずですが・・・・・
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2006-02-19 10:03 | 陶芸の技法

図工の授業

一昨日金曜に子供らが通っている小学校の
6年の図工の授業に
陶芸の指導に行ってきました。

恒例ですが、一応卒業記念ということで
ランプを作ります。

保護者から一転、出入りの業者、という立場ですが。

そこらへんの教材屋には出来ない身内特別サービス。

なんと粘土をスライスしてタタラ板にして用意するのです。

木曜日、昼間に土練機で粘土を用意して
夜、菊練して四角く整えてから
6ミリにスライス。

e0050634_17512815.jpg



一玉約10キロの粘土で大体10~12枚スライス。


ご多聞にもれず少子化が進み、今年の6年生は48名。

約60枚、5塊用意して授業に臨みました。

e0050634_17541112.jpg



結果は、6ミリではちょっと薄かったのか
腰が崩れる子供が続出。

特に上に蓋を乗せて重みが掛かった作品は
大体腰が持たず。

なんとか誤魔化してだましだまし形にする始末。

でも、乾燥で持てばスペシャル調合の腰の強い粘土だから
そのまま焼けるはず。


折角の子供たちの作品だから
何とか仕上げてあげたいです。

乾燥後、各自が下校時にうちまで持ってきます。

作品の姿はその時にアップしましょう。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2006-01-29 18:00 | 陶芸の技法

ついに到着

e0050634_1041494.jpg

以前紹介したインターネット陶芸教室の
紹介DVDが到着。
なかなか面白く、寺田さんに共感する事も
ありますが、
全くの初心者がそこまで言われても
と言うようなことも。
本編に期待してます。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-11-12 10:04 | 陶芸の技法

絵付け教室

僕は絵が苦手です。
めったに書きません。

で、教室でも、絵の具の使い方の指導は出来ますが
絵付けの指導は出来ない。

あさってから3人展する服部先輩は筆を使うのが得意。

せっかくはるばる伊勢から神戸に来てもらうのだから
ほっておく手はないと、服部さんに絵付け教室の指導を依頼しました。

これで明日のネタが出来た。

ところでこのブログ、カテゴリに「絵付け」がないことに気がついた。

僕にとって陶芸とは絵を付けないことのようだ。

ukkyさんの宮沢賢治を見習わなくちゃ。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-29 00:45 | 陶芸の技法

蚊遣りーその実態

って、大層なタイトル付けたけど、まあ、後だしじゃんけん(大阪ではいんじゃんといいました)
見たいなもんで、ネット蚊遣り展に応募した後で
全体像をご披露。ってな感じ。




まず横顔

e0050634_34422.jpg


e0050634_352455.jpg

e0050634_361063.jpg

e0050634_36226.jpg


おなかの中は
e0050634_37347.jpg


美濃のオリ窯業の赤1号をロクロ引きののち、
ちょっと尻尾を曲げて素焼きののち、ドリルで穴あけ。
流れる灰釉吹き付けた後、自作のさやの中で炭と籾殻で部分炭化。

相変わらず泥縄のやっつけ仕事。
その割りに格好良く焼けてくれて感激。

ヨイコのみんなは真似しないでね。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-08-25 03:03 | 陶芸の技法