<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

絵付け教室

僕は絵が苦手です。
めったに書きません。

で、教室でも、絵の具の使い方の指導は出来ますが
絵付けの指導は出来ない。

あさってから3人展する服部先輩は筆を使うのが得意。

せっかくはるばる伊勢から神戸に来てもらうのだから
ほっておく手はないと、服部さんに絵付け教室の指導を依頼しました。

これで明日のネタが出来た。

ところでこのブログ、カテゴリに「絵付け」がないことに気がついた。

僕にとって陶芸とは絵を付けないことのようだ。

ukkyさんの宮沢賢治を見習わなくちゃ。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-29 00:45 | 陶芸の技法

八角壺

八角の面取り壷

壷を挽きます。
パンパンに張らすので未熟者の僕はだましだまし、
肩がヘタリかけるとちょっと休憩。

少し水が引くとまた張らして・・・・

壷ができると中から角に当たる部分を指で膨らせます。


e0050634_15104170.jpg





e0050634_1511227.jpg

削って面取りにします。


以上。

この素地は書家の注文で、ここに達筆の字が入ります。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-21 15:11 | 陶芸の技法ーろくろ

出家

明日高野山に修行の旅に出ます。

明日は早いので今夜は早く寝ます。
身もこころも清めて・・・・・・・・・・












多分宴会旅行です。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-18 00:51 | ご挨拶

作品展

修行時代の兄弟子と後輩との3人展があります。

e0050634_18124745.jpg



e0050634_1813308.jpg


今月30日(金曜日)~10月5日(水曜日)
11時~6時(最終日は5時まで)
神戸、御影の自由空間『茶夢』にて。

僕、池内と川西君は大概毎日居ます。
服部さんは最初に2日間居るはずです。

多分午前中はまだ着いていないと思います。

民芸の窯場で修行した3人だから
どんなにあがいても民芸の匂いが抜けないと思います。

お時間があればご覧ください。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-16 18:19 | ご挨拶

八寸の七角皿

昨日から作り続けている八寸の七角皿。

以前作った七寸の七角皿と比べると
e0050634_1575843.jpg


当然1寸大きいです。
見込みは6寸で、同じ。

最初に造ったのが
e0050634_159951.jpg


ふちが大きくなっているでしょう。

これに化粧掛けして、いろいろと・・・・
e0050634_204868.jpg

これは釉薬掛けて焼くと↑の完成品のような焼き上がりになります。

ただ、見込みの深さがずっと浅くしてあります。
注文をくれたイタメシやさんが、
『ソースが真ん中に溜まらない様に』という注文を忘れて造ってしまいました。
今度のは多分だいじょうぶ。かな?

化粧を全体にかけると
e0050634_233386.jpg


これのほうがふちの化粧をはがす手間が省け、周りの櫛目も目立つので、
良いかな?

e0050634_243319.jpg


これはふちの櫛目の代わりに指ではがしてみました。
多分釉薬掛けて焼くともう少しはっきりでてくると思います。

また焼けたらアップします。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-16 02:06 | 陶芸の技法ーろくろ

本日のお仕事

今日は臨時に教室開催。
29日に染付けの講習会を先輩に指導してもらうので、
(僕は絵付けが出来ないので指導も出来ません)
やる気満々の方たちが絵付け用の器作り。

集まったのは6人の元テニスギャル。
なかなかパワフルなメンバー。

昼から子供の事で学校に呼び出し。

そのままビールタイムに・・・・
夜11時から土を揉み出して、

e0050634_2285016.jpg


たった12枚。

言い訳をすれば、棚が空いていない、丸板が12枚しかない、等いろいろありますが。
要するに余り仕事してません。

これは以前紹介した7角皿の、8寸バージョン。
元々1年以上前に内側が6寸、外が8寸の洋皿の注文をもらっていて、
1年目に何とか6寸ー7寸の皿を作って、見てもらったのですが、
やっぱり8寸が欲しいと更に待ってもらっているので。

8寸になるとさすがに僕の技術では一個挽きになります。

明日(もう今日か?)更に12枚挽きます。
やっとコツが分かってきました。

でも、他の仕事もしたのですよ。
今月末の作品展のDMの作成。
フォトショップとイラストレーター駆使してDM版下作り。
何度やっても失敗。
ロクロより苦労します。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-14 02:37 | 陶芸の技法ーろくろ

claystudioさんの看板ーその後

以前告知した
claystudioさんの看板

言いだしっぺですがまだ作っていません。
でもぼちぼち出来てきた方もちらほら。

ということで、再び告知しておきます。
(本当は作ってから告知しようと狙っていたのですが・・)

claystudio・gennのリニューアルに伴い、看板の文字を陶芸ブログで
作ってみよう、という目論見。

担当は
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
honeyさんのブログに詳しく載ってました。
ご参考に。


ネタがないのでトラックバックしまくりでお茶を濁させていただきました。
失礼。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-13 04:17 | その他

満貫釉

以前作った花器ですが、
tenstoneさんの[♯65] 二酸化マンガンにトラックバック。

まず全体像。
e0050634_19541923.jpg


上から見たら
e0050634_2124210.jpg


先程写真を間違えていました。

ろくろで挽いたのち、押し込んだり引っ張り出したり、叩いたりして変形。
シャープな感じを出したかったので、釉薬も金属っぽく二酸化満貫単身を
コンプレッサーで吹きつけ。

濃く掛かったところはマンガンの結晶が出て
e0050634_19591032.jpg


ちょっと濃いとすぐ流れて条痕に。

素地は信楽土主体の再生土なので、薄くなると

e0050634_2004475.jpg

つまらない土の雰囲気が見えてしまいます。

細かい赤土で作るとまた違ってくるのでしょうね。
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-08 20:01 | 陶芸の技法ー釉薬

今日の気分

今朝子供に起こされちょっとだけ用事をして、
再び寝てしまった。
眼を覚ましたら12時。

寝すぎかアルコールが切れたか、更年期障害か、
体が重くって、頭もふらふら。
何もする気になれず、ふと予定表見たら三男の懇談会。

仕方なく終り15分だけ見に行って、子供と一緒に帰ってきた。。

まだ足元がふらつく。

仕事にまったく手が付かないまま夕食の準備。
ビールを注入すると少し軽くなってきたかな?

後は晩飯食って寝るだけか?
それとも深夜に復活か?
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-08 18:19 | その他

窯焚き

2時40分に電気窯(15キロワット)点火。

点火と言っても電気窯は電源スイッチをONにするだけ。
特に感慨はない。

その後、7時間半後くらいに1000度前後くらいに上がっているはずなので、
還元タイム。
今日の窯は皿が多かったのでちょっと重い目だから
もう少し長引くかな?

弟子入り時代はガス窯で950度で還元、1150度くらいで還元を切って
1280度まで上げていた。

今は1000度くらいで還元タイムで、上昇曲線は変わらず
1200度くらいで還元を切り、1240~50度になれば
上段強、中下段弱で20分くらい引っ張ってきる予定。

辰砂が入っているときは最後1250度まで還元かけ続け、
(弱くても可)同じように引っ張って、きる。

同じ窯に織部が入っていると、赤みがかった織部になってしまう。

御本手を焚いている時は還元は薄い目で1200度過ぎたらちゃんと還元切って
1250度まで焼きぬく。
もう少し低いほうが出やすい。

還元がきついと赤っぽく出てしまうことがある。
今日はガイロメのヒビ化粧だから何でもOK.
[PR]
by Tyawanya-Kobe | 2005-09-06 04:19 | 陶芸の技法ー窯